FC2ブログ
私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

心理学の本:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

自律訓練法の実際


書名 自律訓練法の実際―心身の健康のために
著者 佐々木雄二

ドイツの医学博士シュルツさんの開発した心身のコントロールの手法、自律訓練法。自己催眠、リラクゼーションの一種。
インスタント禅とも称され、心身症など、ストレス・心因性の病気の治療などに幅広く応用されている。

その自律訓練法について、実際の練習の仕方、理論などを一から丁寧に説明してある。

基本的には、初心者向けの本か。上級者には物足りなさも有るかも知れない。

ともあれ、自律訓練法が何なのか、何が出来るのかなど知りたい人には、面白いし、よくまとまっていると思う。
  1. 2005/10/05(水) 10:25:46|
  2. 心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

隣人を愛せず; 平和の絵本の思想的土台3部作


平和の絵本の運動の思想的土台。善悪中毒3部作の3巻目です。




「隣人を愛せ」「敵を愛せ」という聖書の教えを切り口として、愛と暴力の心理を徹底的に分析しています。

本書が描き出しているのは、錯覚の上に錯覚が積み重なり、さらに別の錯覚が加わって・・・、という重層的、有機的な錯覚の心理です。

扱う心理は、男女関係、親子関係、心の麻痺・分裂、自傷行為、虐待、薬物中毒、ストーカー、快楽殺人、戦争など多岐に亘ります。
 
世界中でどれほど多くの人々が錯覚の中で恐怖に駆られ、凶暴化しているか。逆に言えば、原因を解決さえすれば、どれほど明るい未来が待っているのか。

内容をご熟読頂ければ、平和の絵本が何を目指しているのか、きっとご理解いただけるものと存じます。


 ⇒パブー(PDFファイル、ePubファイル、WEBで読む)
 
  1. 2005/09/10(土) 00:07:33|
  2. 心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

善悪中毒; 平和の絵本の思想的土台3部作


平和の絵本の運動の思想的土台。善悪中毒3部作の1巻目です。

⇒詳細は、善悪中毒の心理学の頁へ。

また、"平和の絵本から、ありがとう"web上では読者の感想文も紹介されている。





  1. 2005/09/01(木) 07:17:24|
  2. 心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

平和の絵本の本屋さんについて


ここは、平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用した書店です。

私ども「平和の絵本」の役割は本BLOG頁上でのご紹介だけで、実際の商品代金の授受・商品の発送は、アフィリエイト先の書店(2006年12月現在、試験的にamazon様をアフィリエイト先としています)が行います。商品・発送等に関するお問い合わせは、直接、amazon様までご連絡していただきたくお願い致します。

なお、このモールからお客様がご購入された場合、amazon様から、私どもに紹介手数料が、支払われます。その紹介手数料は、「平和の絵本」の活動資金として利用いたします。金額については公表を予定しています。

●本BLOG上でご紹介している本へのコメント・感想は、特に表示がない限り、東郷潤の手によるものです。
●現在、心理学・精神世界系のものが中心ですが、今後、分野を広げてご紹介していきたいと希望しております。
●本書店は、活動資金確保を目的に、試験的に行うもので、コストパフォーマンスが低い等の場合には閉鎖することもありえます。
売上のご報告


直近の紹介料合計については、⇒こちらの売り上げ報告をご覧ください。

2006年12月のオープンから本日まで、83件の取引があり、紹介料合計は2,919円となっています。ご協力、ありがとうございます。M(--)M (2007.12.10記)

2006年12月のオープンから本日まで、66件の取引があり、紹介料合計は2,470円となっています。ご協力、ありがとうございます。M(--)M (2007.8.22記)

2006年12月のオープンから本日まで、32件の取引があり、紹介料合計は1,270円となっています。ご協力、ありがとうございます。M(--)M (2007.3.20記)

  1. 2000/01/01(土) 10:16:03|
  2. 心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
PREV |
































































以下、本ブログとは無関係の広告
〕>