FC2ブログ
私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

心理学の本:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ワクチン不要論


自称、日本一有名かつ悪名高い医者である内海氏の新刊。

ワクチンが不要なばかりか有害であることを主張されている。初めの方に書かれている科学的データをねつ造する方法は興味深かった。統計は客観的で科学的でありながら、ごまかす手法は色々ある。判定人数の操作について説明されているが、こんなことをされてはたまらない。^^;;

本当にワクチンに効果が無く有害かどうかは、本書を読んだ読者にご判断いただきたいが、様々な過去の症例に基づき、かなりの説得力はある。まあ自分ではワクチンを打つ予定はなく、その意味では、この本を読んだことで何も僕の行動は変わらないのだが。

個人的に面白いなと思ったのは、大変失礼ながら彼の「愚痴っぽさ」。<(_ _)>

引用する。「でもそれより問題なのは、長いものに巻かれることしか頭になく、自分で調べたり考えたりするわけでもなく、-略-奴隷根性以外持つことが出来ない普通の市民たちにあるのではないでしょうか。それをこそ”グーミン”と呼ぶのだと私は思います」

筆者の医学不要論、ワクチン不要論、精神科や児相への批判を全て真実だとするなら、「なんでわかってくれないんだ!?」と嘆き、このグーミンめ!と愚痴をこぼしたくなるであろうことは、容易に想像できる。

実はこれと似た思いは、僕自身の中にも存在するのだ。
善悪の錯覚の危険なりを、もう15年近く主張しているのにも関わらず、まるっきり広がっていない。万人に分かるようにと絵本にまで落とし込んでいるのに、それでも分からない。文字通り、世界を救うか滅ぼすかを決めるであろうほど重要なことであるのに、僕の活動は全く広がらない。

ワクチンが有効か有害化といったことは、どちらかと言えば目に見える、科学の範囲内であり、善悪などというものよりもよほど分かりやすいことではある。内海氏が「どうしてみんな分からないんだ!」と嘆くようなら、僕がやっていることは、はるかに分かりにくく、さらに何倍もの時間が必要なことだろう。

実際、人のビリーフシステムを変えるのは、時間が掛る。恐ろしいほどの時間がかかる。心がコロコロ変化する、というのはごく表面的な観察に過ぎない。

・・・つまりは、そんなところで、妙に共感してしまったのだ。^^


スポンサーサイト
  1. 2018/12/16(日) 13:39:19|
  2. 心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ニュース検定公式テキスト


書名 ニュース検定公式テキスト
著者 日本ニュース時事能力検定協会

昨今は、検定試験が流行しているとか。本書は、ニュース時事能力検定試験の公式のテキストブック。
豪州から帰国し、日本の時事などにいまひとつ疎いことから、一般常識アップのために、購入。
要するに、恥をかかないため。^^;

●イラクに正式政府発足
●冥王星、惑星から除外される
●いじめ自殺相次ぐ

など、項目ごとに分けられ、解説。新聞の裏事情、背景など分かりやすく、大変勉強になる。ああ、こういうことだったのか、と。

ちなみに、この検定試験の第一回は、今年(2007年)の9月とのこと。検定試験は、後になればなるほど合格が難しいと聞いたこともある(本試験に関して、当てはまるかどうかは知らない)。今のうちに検定資格を取ってしまう、というのは、手かも知れない。^^


  1. 2007/06/22(金) 11:02:56|
  2. 心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セルフコントロール


書名 セルフコントロール
マーク・サーストン博士
永島洋子 訳

目次
1)意志とは何か?
2)意志の訓練と使用法
3)人生を善意を持って生きる事

多くのことが書いてあるのだが、何を意味しているのか、なかなか分からなかった。難しい本。
意志について書いてあるのだが、その「意志」という言葉で、何を意味しているのかから、よく分からない。そうすると、ちんぷんかんぷんになってしまう。
本を読むのは、難しいものだ。




  1. 2005/11/10(木) 09:51:56|
  2. 心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イメージ・ワークブック


書名 イメージ・ワークブック
ウィリアム・フェズラー著 

医学博士が、自身の催眠療法で患者の治療に使用してきた様々なイメージをワークブックとしてまとめた本。
催眠に関しても解説されている。
心理療法を必要としない人でも、自己コントロールに関心がある人は、一読の価値あり。

自己催眠のテクニックも参考になる。自律訓練法などをマスターした人が読めば、その上級編としても面白いだろう。

一読の価値ありとは書いたが、本書はワークブック。実際に試してみなければ、本当に味わったことにはならない。
とはいえ、全てを試すことなど、そうそう出来ない。(何年も掛かると思う)

たくさんのイメージワークが収録されているので、興味を惹かれたものにトライしてみる、ということか。
もしかすると、違った世界を経験できるかも。(^^)



  1. 2005/11/09(水) 08:42:46|
  2. 心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人生は廻る輪のように


書名 人生は廻る輪のように

エリザベス キューブラー・ロス (著), 上野 圭一 (翻訳)

大ベストセラー『死ぬ瞬間』の著者―精神科医―の伝記。
大変に面白い。

いかに彼女がガンコに自分の信じる道を貫いたか。いかに愛に生き、既存の恐れ、因習を打破していったか。

大変に勇気付けられる書。
ものの考え方といったものも、実に地に足がついており、勉強になる。

スピリチュアルな挿話も、ごくさりげなく含まれており、それもまた興味深い。

トリイの愛し方とは、また違うが、彼女もまた稀有なレベル(やり方?)で愛する能力をもって生まれた人なのだろう。
彼女のガンコさは、痛快でもある。
お勧めの書。


  1. 2005/10/30(日) 11:10:07|
  2. 心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジェニーの中の400人


題名 ジェニーのなかの400人
著者 ジュディススペンサー

アメリカの多重人格者のお話。
セラピストの治療の過程で、彼女が経験した恐るべき過去がしだいに明らかになってくる。
謎解き、ミステリーの面白さも。

アメリカのオカルト教団による被害者であるジェニーは様々なトラブルに悩まされていた。
その多重人格の症例も興味深く、また、アメリカ社会の暗部を想像させる読み物としても、面白い。

読み進める途中で、セラピスト自身が持つ魔女人格に対する宗教的恐怖、あるいは善悪の錯覚の存在を直感し、「ああ、このセラピーでは完治しないな」と予想したのだが、実際に、この本の中でジェニーは完治までには至っていない。

セラピストも人間であって、神ではない。個人的には、そんな面白さもあった。

400人というのは、人格のカケラも含むようで、ちょっと表現がオーバーかな?

多重人格も、また普通の人間が、環境に適合するために発達させた病、症例であることが実感できる。

なかなかに面白かった。

参照リンク
「良い子にならなきゃ」:絵本の心理学―地獄の恐怖
  1. 2005/10/08(土) 08:45:29|
  2. 心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自己コントロール法


書名 自己コントロール法
著者 成瀬 悟策

ジェイコブスンの弛緩法から始まり、シュルツの自律訓練法など詳細を解説。
自律訓練法の練習方法については、大変に実践的。とても参考になった。
夢見の手法についても解説有り。これもまた、面白かった。

初心者から、かなりの上級者にまで満足感を与えるだろう。多くのヒントを頂いた。

自分を知りたい人、内面を見つめたい人、感情コントロールのテクニックを身に付けたい人などに、お勧め。

安易なハウツー物ではない、名著である。


  1. 2005/10/05(水) 10:38:21|
  2. 心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
NEXT
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。