私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

思想:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

葉隠


絵本で、葉隠を取り上げるに当たって、葉隠を読んだ。ざっと内容を理解しておきたかったので、現代語訳で。

上巻は、とても面白かった。山本常朝氏の思想が色々と語られていて、新鮮で勉強になった。
たとえば、武士道とは、家来道でもあるのだな、と。それは読んでいて発見。主君への愛、信頼、思いは、素直に感動した。とても純粋な愛を感じたのだ。愛に上下も平等もない。究極の上下関係の中にも、見事な愛がある。
そんなことを思った。山本常朝の時に熱い語り口の中に、人間の心にとって、とても普遍的な真実の存在を感じたのだ。

中巻は、鍋島藩の色々な出来事、たとえばお寺の由来とか。佐賀県の郷土史家なら、ずいぶんと面白いだろうが、僕としてはそれほどの関心はなく、斜め読み。

下巻も出来事。これは郷土史というよりも、喧嘩の話とか。これを読むと、やはり時代の違いは実感する。たとえば、なんでこんなくだらないことで、殺しあうのか、といった感は免れない。たとえば、碁を見ていて、横から、こうした方がいいといった余計なことを話しかけた同僚に向かって、突然、きりつけて、殺しあったとか。酒の席でからかわれて、喧嘩になって、切りあうとか。
おいおい、そんなことで切り合うなよ、と言いたくなる。
しかも喧嘩の席に偶然いないと(たとえば、酒の席を途中で辞したり)、腰抜けとなって、切腹とか。
まあ、色々な価値観、社会常識があるもの。

こういう社会の中から、上巻で見られるような深遠な哲学が生まれたのか、と、下巻はそんな意味合いで僕は読んだ。

現代に生きる情熱・知恵と、今は通じない常識。色々とあるものだ。

⇒常住死身(葉隠を取り上げた絵本)
⇒三島由紀夫氏の葉隠入門











スポンサーサイト
  1. 2012/04/23(月) 15:14:48|
  2. 思想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

葉隠入門


書名 葉隠入門
著者 三島由紀夫


武士道というは、死ぬ事と見つけたり。

かの有名な葉隠を、三島氏が独自に解説したもの。

逆説的なのだが、もっとも生きるためには、死を覚悟する必要がある。
死の覚悟が出来なければ、どうしても逃げてしまう。やりたいことも出来ない。本当に大切なものを見失ってしまう。・・・人間にはそんなところがある。

死に限らず、恋人を失うことを覚悟しなければ、恋人を本当には愛せない。
首になる覚悟が無ければ、サラリーマンをまっとうできない。
傷つく覚悟が無くて、どうして心を開けようか。裏切られる覚悟がなくて、どうして人を信じられようか。
失敗を覚悟しなければ、挑戦すら出来ない。

捨てることを覚悟したときに、始めて、自由になれる。本当の自分を見つけることが出来る。
・・・どこかにそんな部分が有る。

・・・もう昔の話になるのだが、この本には、深く癒されたことがある。死ねという教えに触れて、生きる勇気を貰った。

むろん、いくらでも批判しようと思えば出来る。しかし、この本には何よりも感謝の気持ちがあり、客観的な批判なりを書く気には、どうもならない。

今でも、どこか僕の原点なのかなあ・・・

















  1. 2006/12/06(水) 23:30:50|
  2. 思想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。