私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

歴史:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!


タイトル:ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!
著者:小名木 善行


ネットの世界では大変に有名な「ねずきちさん」の処女作となる歴史本。
ねずきちさんのBlogねずさんのひとりごとは、1日に3万人も訪れるという。
僕も何年も前から存じ上げており、時々、訪問しては勉強させていただいている。Blogの話題は実に多岐にわたり記事の量は大変なものだ。よくぞここまで様々なことをお調べだなといつも感心している。

そのねずきちさんの処女作ということで興味津々、さっそくアマゾンで購入し読んでみたもの。

結論から言えば、大変に面白かった。Blogを時々拝見しているといえ、やはり一冊の本ともなれば、また別の迫力がある。失礼ながら、文章は軽快であり、とてもこなれており、筆はおさえられており、説得力もあり、処女作とは思えない。さすがはBlogで文章を鍛えられているだけのことはある。

歴史本といえば、多くは無味乾燥な事実の羅列に終わるものだが、この本では、そのようなことは全くない。事実の裏側にある当時の人々の想いに迫り、見事に息を吹き込んでいる。ねずさんの筆で、歴史の中から、血が通った、みずみずしい人間の営みが現れてくる。

心の中のことというのは、目には見えない。したがって、真実に迫るには「想像」するしかない。むろん、それは証明できることではそもそもなく、ねずきちさんが語っている心の中の出来事が真実かどうか、どこまで実態に迫っているかは、読者が自分で判断するしかない。むろんそこには色々な判断/異なる意見もあるだろうが、僕にはとても面白かった。

さて本の中には、平和の絵本/和を地球への主催者としても、いくつか大いに共感する部分がある。その一部をちょっと引用してみよう。

-----P.6より引用-----

 歴史を語るとき、常に歴史を批評・批判する人がいますが、私はそれを間違いだと思っています。あたりまえですが、私たちは過去の歴史の当事者ではありません。その時代に生きていたわけでも、その場にいたわけでもありません。それなのに、すべて見知っているかのように歴史を批評したり批判したりするなど、おこがましいことだと思うのです。
 歴史は批評・批判するものではなく、「学ぶもの」だと思います。
-----引用終わり-----


ここでねずきちさんが、書いていることは、僕がずっと主張し続けている善悪中毒の発想に大いにつながるのだ。

自国の歴史は(もっと言えば、すべての国の歴史は。お隣の中国や韓国や北朝鮮や、さらにはロシアもアメリカも、すべての国を含めた「人間の歴史」は)批評・批判するものではなく、つまりは善悪で裁くものではなく、「学ぶもの」に他ならない。さらにいえば、もし悲劇の原因を学んだなら、あとはその原因となる事象(たとえば、思い込み・錯覚・誤解・貧困・システムの欠陥・教育 ビリーフシステム 等々)を粛々と解決していく、ということだ。

裁かずに学べば(それは時に大変に難しいことだが。大好きな相手から学ぶことは簡単だが、恨みのある相手/敵の歴史からも、裁かずに学ぶという姿勢を保ち続けることは、時には身もだえするほどに苦しいことなのだ。これはいわば善悪中毒の禁断症状ということも出来るだろう)、歴史は実に多くのことを教えてくれるものなのだ。

ねずきちさんの筆は、インパール作戦、特攻隊にまで及ぶ。この辺りは、涙なくして読めない方も、大勢いらっしゃるのではないだろうか。 日本人に生まれたことの意味を深く考えさせられることだろう。

ねずきちさんは、何のためらいもなく、日本人の誇りをうたい、日本人/日本の歴史をほめる。堂々と一点の曇りもなく、日本人を称賛し褒めちぎる。

さて「お国自慢」という言葉がある通り、自国を愛し、褒めて、誇りに思うということは、全世界で普通に行われていることだ。

しかしながら、現代日本は決して普通の国ではない。むしろ、特殊な変則的な国だ。
簡単に説明すれば、現代日本は技術大国であり、世界で2位だか3位だからの経済大国だ。技術もあり金もあるのだから、世界でトップクラスの軍備を持つことも簡単だ。
しかしながら現代日本は、国家の根幹である安全保障の大きな部分を米国に委ねている(あるいは、奪われている。お立場でどちらの言葉を使っていただいても結構だ)。日本中に米国の基地が散在し、日本は米国に守られている(あるいは、占領されている。お立場でどちらの言葉を使っていただいても結構だ)。

つまりは、現代日本はとても変則的な国なのだ。この変則的な現代日本を土台で支える思想が、過去の日本の「否定」(あるいは、「反省」。お立場でどちらの言葉を使っていただいても結構だ)だという、一面が存在する(すべての面ではない。ある一面の話をしている)。過去の日本の否定とは、つまり、このような言葉で表現されるかもしれない。

●太平洋戦争で日本はアジア諸国を侵略し、数えきれない人々が犠牲となった。
●日本軍は残酷で、大勢の人々を拷問し、残酷に殺した。
●日本人は全体主義で、狂暴だ。本当の自由も民主主義も、高級すぎて、まだまだ日本に根付いていはいない。
●日本人は放っておくと何をしでかすかわからない。狂暴な民族である。
●日本人はほとんど狂人なので、軍備を持たせてはならない。日本に軍隊を持たせては世界平和が損なわれる。
●しかし、周辺諸国も決して良い人たちばかりではないので、日本に軍備は持たせられないが、無防備で放置することもできない。
●だから、自由と正義の味方の、平和を愛する、日本よりもはるかに先進国である、米国に守って頂かなければいけない。そのために、米国の基地を日本全国に展開してもらい、お守りいただく必要がある。

こうした思想/哲学を土台として、その上に、現代日本は成立している、という一面があるのではないだろうか(すべての面を言っているのではない。あくまでも一面についての話だ)。

ところがこうした「大人の事情」をすべて無視して、ねずきちさんは、日本人を否定しない。否定しないどころか、褒めちぎる。なんせ、戦中の日本軍にあって、現代日本にないものを「思いやり」とまで表現しているのだ。

これはまるで、巨大なハンマーで、現代日本の基礎部分/土台をドガーンとぶったたいたようなものではないか!

土台が崩れれば、建物は崩壊するかもしれない。
建物が崩壊すれば、当然、生活に困る人々も出てくるだろう。建物が無ければ、命の危険すら生まれるのだ。
であるならば、本の内容の真偽は別として!日本を褒めちぎる本書を読んで、不安を感じる人もいるだろう。強烈な反発を感じる方もいるだろう。それはごくごく当たり前の心理だ。

そういう方々が、この本を読むことはおそらくない。
しかしながら、個人的にはそういう方々にこそ、この本は読んでいただきたいと思う。

そういう方々にも読んでいただきたいので、反発を押さえて読むためのコツについても(ねずきちさんの本からは、少し外れるが)、書いておこう。

もし、日本人が残酷で全体主義で戦争大好きでどうしようもない悪人だと思われているなら、その視点をどうか大事にしていただきたい。その視点を放棄する必要などない。

実際、日本人といっても1億人もいる。中には、心の病を持っている方もいる。ストーカーもいる。泥棒もいる。快楽殺人者もいる。それは事実だ。であるならば、戦争で、これ幸いと女性を強姦する人もいれば、残虐行為を働く人もいただろう。
そうした事実から目をふさげば、悲劇の原因を考察することもできず、次の悲劇を防止する道もふさがれる。だから、こうした視点を放棄することはない。
ただ別の視点をプラスして、このねずきちさんの本を読むということだ。

我々、人間は三次元世界で生きている。三次元のものを、一つの立場、視点だけから見れば、それは「一面的」な認識になる。立体を一面的に認識するとは、ほとんど錯覚なのだ。それでは人間の営みを理解できない。これについては拙著絵本「三次元だよ」をご参照願いたい。

ある視点/立場から見れば、とてつもなく残虐でありながら、他の視点から見れば、人類を救う。どっち?ではなく、どっちも、なのだ。そんな立体的な見方を持つ。自分にとって可能な限り、異なった視点を持つように努めるのだ。そして初めて人の営みが見えてくる。

人間の営みに迫るため、ねずきちさんのこの本は、確かに新しい視点を提供してくれている。




スポンサーサイト
  1. 2013/12/05(木) 12:01:56|
  2. 歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

とんでもなく面白い「古事記」


気楽に楽しめる、古事記の入門書。
意外にしっかりと書かれていて、そこそこ面白い。

日本人なら、どこかで聞いたことがある話、名前がぽんぽん出てきて、楽しめると思う。





  1. 2013/01/18(金) 21:33:26|
  2. 歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山岡鉄舟―春風館道場の人々


書名:山岡鉄舟―春風館道場の人々
著者:牛山 栄治

これは、もう絶版なのかな。人からいただいた本。
山岡鉄舟という、明治時代の英傑、剣と禅の達人を囲む人々の話。明治の雰囲気を味わいたくて読んでみた。
当時の人々が何を考えていたのか、どんな常識を持っていたのか。
色々な人々が登場するが、正直、浅学にして知らない方も多く、中には興味が持てない人も。一方で、落語家の円朝や清水次郎長、明治天皇など、有名な方々も登場。そこは興味深く、拝読。

何とも若く、荒っぽく、そして修行・道といったものへの真摯な取り組み。金銭への無頓着。国、忠節。
今の日本に何が残り、何が失われたのか、そんなことを考えさせられる。




  1. 2009/12/08(火) 23:40:33|
  2. 歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アメリカの鏡・日本


タイトル:アメリカの鏡・日本
ヘレン ミアーズ (著), Helen Mears (原著), 伊藤 延司 (翻訳)

1948年に書かれた本。敗戦時の日本でGHQで働いていた彼女が、日米戦争、日本と米国の論理、第二次世界大戦にいたるまでの近代の歴史などを著したもの。
マッカーサー将軍が、発禁にしたというもので、全般に、米国批判、日本擁護の内容となっている。

GHQの中で働いていて、ああ、こんな風に見えたのかあ、など、改めて、面白かった。

当時の米国人は、日本人は生来軍国主義者で、世界征服を目指していたと本気で信じていたという。
米国人である彼女の米国の政策その他に関する批判は強烈で、精神鑑定を受けたほうが、いい、とまで言い切っている。
彼女は日本擁護者として批判され、学者として世に出ることはなかったという。
この本のおかげで、未来を失ったのかもしれない。
1948年に、自分の未来を犠牲にしてまで、ここまで書くというのは、よほど彼女にとっても、日米戦争、日本占領など、強烈な経験だったのだろう。日本のことも、歴史のこともよく勉強している、という印象だ。
そのエネルギーを考えると、彼女のやむにやまれぬ心情を想像できるように思うのだ。

一方で、日本人として読めば、先の世代の方々が、よくぞこの地獄のような時代を生き延びて、現代日本を残してくれたもの、と思う。

日本は、もうこの先、何世代も国家として自立することはなく、貿易も経済も最低レベルで、日本国民は生存だけを許されるだろう、といった予想が書かれている。
日本の復興など、この本が書かれた時には、夢にも考えられなかったようだ。

そして、世界征服を目指す生来の軍国主義者だと信じ込まれていた日本人が、今では、米国の最大の友好の民の1つだと思われている。
まさに、180度の転換。
これはこれで、すごいことだと思う。

日本の凄みは、むしろ敗戦後にこそ発揮されたのかな? 
…そんなことを初めて考えた。

1948年に書かれた本だが、そのテーマに、古さは感じない。
現代米国を考える意味でも、日本の近現代を考える意味でも、一読をお勧めしたい。



  1. 2009/09/17(木) 20:53:47|
  2. 歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

捏造された日本史


書名;捏造された日本史
著者;黄文雄


台湾生まれの著者が、大日本帝国の歴史、興亡について、侵略といった視点ではなく、むしろ、中国と「平和国家日本」に批判的、大日本帝国に同情的な視点から、描くもの。

1億人が関わった歴史には、少なくとも、1億個の視点があると、僕は考えている。むろん、その全てを押さえることなど不可能だけれど、この本にあるような歴史観は、当然、押さえておきたい。

様々な視点から、歴史を眺めることによって、はじめて、立体的に見えてくるものがある。



なお、この書名の通り、日本の歴史は、(主流としては)歪められている(捏造されている)と主張されている。
その主張には、様々な意見があるだろうが、それはさておき、一般論としては、敗者の言い分が通らない(つまりは、歪められる)のは、残念ながら、現代世界の在り方ではあるだろう。

僕個人としては、むしろ、敗者の言い分、主張できない人の言い分、悪とされた人の言い分にこそ、興味があるのだけれど・・・
  1. 2008/04/14(月) 01:02:28|
  2. 歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中東紛争―その百年の相克


書名:中東紛争―その百年の相克
著者:鏡 武


イスラエルとアラブの憎しみの連鎖がどう生まれてきたのか、中東紛争の入門書として購入したもの。
紛争の構図が100年も前から、歴史的に分かりやすく説明されている。

ただ、9月11日以前の本なので、その後のことは出ていない。
和平への希望が強調されて終わっているので、ちょっと前には、そんな希望的な観測ができる状況だったのだなあ、と妙な感慨を覚える。

紛争の動きが早いので、直近の流れはまた別の本に当たる必要があるだろう。



  1. 2008/01/02(水) 10:20:39|
  2. 歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東條英機 皇国の殉教者


書名 別冊宝島1449 東條英機 皇国の殉教者
出版社 株式会社 宝島社

これは終戦後、大悪人とされた東條英機元首相の「人間」に迫ろうという、宝島社の本。
これを読んだときには、ある種の感慨を禁じえなかった。
一昔前には、この手の本が出ることはありえなかっただろう。

善悪中毒という観点から、実は、「悪人」とされてきた人々の人間性に光を当てる、ということは、昔からやりたいと思っていた。その意味で、人間東條英機を描きたいという気持ちも、あった。
とはいえ、こうした本が世に出るようなら、それは僕の仕事ではない。・・・まあ、違った観点から、書いてみたいことは残っているけれど。

さて、この本では、まじめで、メモ魔で、という、東條氏の、人間性が描かれている。
いうまでもなく、東条英機氏は人間であり、決して悪魔ではない。人間を悪魔と錯覚することで、どんな事実から目を塞いだのか?
・・・残念ならがそこまでは書かれていない。

それにしても、ご本人は言うに及ばず、残されたご家族の方々も、極悪人の家族とされてきて、本当に大変だったろうなあ…






  1. 2007/12/10(月) 18:30:12|
  2. 歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。