私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

社会心理学の本:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

日本がアメリカを赦す日


書名 日本がアメリカを赦す日
岸田 秀 (著)

日米関係のねじれなどに関する心理分析。
鋭い分析もあり、また、物足りなさを覚えたところも。

この手の心理分析では、結局のところ、著者の世界観が問われる事となる。
ものさしが必要なのだ。

例えば、人と人が喧嘩しているとき、「人と人は、必ず争いあうものだ」とするなら、喧嘩している状態はノーマルなものとなる。
「仲良くしている」状態は、アブノーマルだ。
その場合、分析は、なぜ、この人々は、仲が良いというアブノーマルな状態なのか? となるだろう。
一方で、喧嘩している状態は、分析の対象にはなりえない。

その物差しをどこに持つか。・・・それによって、分析の結果もまた正反対になるだろう。



スポンサーサイト
  1. 2005/11/15(火) 12:08:14|
  2. 社会心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

百匹目の猿


書名 百匹目の猿
著者 船井幸雄

思いが世界を変えるという副題のこの本。多くの本を世に送り出した方の本のためか、大きな活字でやや中身が薄い感は否めない。
とはいえ、百匹目の猿が学習することで、それは「真実になる」という、大変、ポジティブな考え方。混乱の今の世界では、明るい希望を持たせてくれる本といえるだろう。
字数が少ないので、それほど深い話にはならないが、環境問題から教育、人相、人づくり、波動のことまで、話題は多岐にわたる。
まさに船井ワールドだ。


  1. 2005/10/27(木) 12:17:12|
  2. 社会心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

二十世紀を精神分析


書名 二十世紀を精神分析する
著者 岸田秀

著者は、史的唯幻論という説を唱える。歴史を動かす最大の要因は、幻想である、というものだ。

この著者の視点には共感を覚える。そして、後は心理分析。
少々、強引な意味付けも感じるが、歴史への心理分析は、そこそこに鋭く、勉強にもなる。

ただ残念なのは、これほどのテーマであるにも関わらず、社会、歴史への精神分析と言えるのは、前半部分のみで、後半部分は、ただの随筆集、評論集となってしまったこと。
まあ、随筆、社会評論として読んでも面白かったが、やや竜頭蛇尾の感は否めない。

とはいえ、著者の史的唯幻論という視点は、より多くの人に理解して欲しい。

やや本から離れるが、実際、我々がやろうとしていることは、この幻想を打ち破るということに他ならない。
幻想から人々が目覚めれば、これほどに血なまぐさい歴史を作る必要は無いのだ。




  1. 2005/10/24(月) 10:01:48|
  2. 社会心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。