私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

2005年09月:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

隣人を愛せず; 平和の絵本の思想的土台3部作


平和の絵本の運動の思想的土台。善悪中毒3部作の3巻目です。




「隣人を愛せ」「敵を愛せ」という聖書の教えを切り口として、愛と暴力の心理を徹底的に分析しています。

本書が描き出しているのは、錯覚の上に錯覚が積み重なり、さらに別の錯覚が加わって・・・、という重層的、有機的な錯覚の心理です。

扱う心理は、男女関係、親子関係、心の麻痺・分裂、自傷行為、虐待、薬物中毒、ストーカー、快楽殺人、戦争など多岐に亘ります。
 
世界中でどれほど多くの人々が錯覚の中で恐怖に駆られ、凶暴化しているか。逆に言えば、原因を解決さえすれば、どれほど明るい未来が待っているのか。

内容をご熟読頂ければ、平和の絵本が何を目指しているのか、きっとご理解いただけるものと存じます。


 ⇒パブー(PDFファイル、ePubファイル、WEBで読む)
 
スポンサーサイト
  1. 2005/09/10(土) 00:07:33|
  2. 心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

二千年の幻想; 平和の絵本の思想的土台3部作


平和の絵本の運動の思想的土台。善悪中毒3部作の2巻目です。

二千年の幻想



世界最大のタブーとは?
なぜ米国は戦争をやめられないのか? 
・・・今、電子書籍だからこそ出版が可能となった。

「宗教関係は怖い」と出版社に断られ、さらにはネット広告すらも拒絶された『原爆への復讐』の改訂版。

タブーを避けていては世界は見えない。
聖書を善悪のフィルターに掛けて、あえて誤読してみれば、現代の諸問題は驚くほど単純に理解できる。テロ、戦争、中東問題、基地問題、ヘイトクライム、宗教間の軋轢、文明の衝突・・・

さらには歴史も単純になる。魔女狩りも植民地戦争も奴隷制度もナチズムも人種差別も原爆投下も・・・

聖書の誤読と善悪・・・、ほとんどの方が思いもよらなかったであろう切り口を提供します。


 ⇒パブー(PDFファイル、ePubファイル、WEBで読む)
 


  1. 2005/09/05(月) 13:44:08|
  2. 宗教の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

善悪中毒; 平和の絵本の思想的土台3部作


平和の絵本の運動の思想的土台。善悪中毒3部作の1巻目です。

⇒詳細は、善悪中毒の心理学の頁へ。

また、"平和の絵本から、ありがとう"web上では読者の感想文も紹介されている。





  1. 2005/09/01(木) 07:17:24|
  2. 心理学の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。