私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

2005年12月:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自己革命の~


書名 自己革命の原理と方法
著者 山口令子

気功法の本を何冊か出している彼女が、より人間性というか内面に目を向けた自己革命の方法について、語っている本。
指導者が山口修源師という方だそうで、山口氏の「人間改造講座」の一部を紹介している。

いわゆる超能力といったものへの一貫した批判の態度は面白い。
また、中で紹介されている自観法も、なかなかのもの。一見、簡単そうに見えるが、これほど難しいものはない。
実際、これを続ければ、確かに自己革命がおきるだろう。

彼女の理解の深さ、考え方など、賛否はあるだろうが、彼女の真面目な姿勢、道へ取り組む態度には、好感を持てる。
彼女もまた求道者なのだ。

読みやすい本。

スポンサーサイト
  1. 2005/12/02(金) 12:37:46|
  2. 宗教の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゴーイング・ウィズィン


書名 ゴーイング・ウイズィン―チャクラと瞑想著者 シャーリー・マクレーン
山川夫妻 訳


シャーリーマクレーンの一連のシリーズとは違い、伝記・実体験から離れ、ニューエイジのガイドブックといった本。

ストレスへの対処から始まり、瞑想、超意識、チャクラ、水晶、内なる光と盛りだくさん。
何でもありだな、という感じはあるのだが、伝記本よりもかえってまとまっていて、僕には読みやすかった。

ニューエイジのノウハウ自体よりも、彼女の霊的な冒険、魂の修行にかける勇気が、言葉の端々から感じられて、勇気付けられる本だと感じた。
  1. 2005/12/02(金) 12:22:00|
  2. 精神世界、ニューエイジの本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。