私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

2007年01月:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

鉄砲を捨てた日本人


書名 鉄砲を捨てた日本人―日本史に学ぶ軍縮
ノエル ペリン (著), 川勝 平太 (翻訳)


それほど厚い本ではない。
書いてあるのは、日本人なら、常識的なこと。

戦国時代、鉄砲が大量に使用された。当時、日本の軍事力は世界有数のものだった。
その鉄砲が、徳川の平和な時代に、捨てられた。
飛び道具は、卑怯とされ、武士たちは、より精神的な、武道の世界へ行き、自己の鍛錬に集中した。

当たり前のこととして、鉄砲が捨てられた。つまりは、軍縮が行われたのだ。


・・・この日本の歴史が、いかに驚異的かを著者は語る。今の世界で言えば、核兵器を捨てることと同じではないか、と。

そして、そのノウハウを持つ日本人に声を出すこと、世界へ関わっていってほしいと、呼びかけている。

・・・ご心配なく。
僕たち「平和の絵本」が声を出し、和のノウハウを世界へ広げ、この地球を変えて見せます。(^^)



参考リンク
→世界平和を願う人々へ向けた手紙
スポンサーサイト
  1. 2007/01/08(月) 16:50:29|
  2. 平和と戦争|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。