FC2ブログ
私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

アメリカの鏡・日本:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アメリカの鏡・日本


タイトル:アメリカの鏡・日本
ヘレン ミアーズ (著), Helen Mears (原著), 伊藤 延司 (翻訳)

1948年に書かれた本。敗戦時の日本でGHQで働いていた彼女が、日米戦争、日本と米国の論理、第二次世界大戦にいたるまでの近代の歴史などを著したもの。
マッカーサー将軍が、発禁にしたというもので、全般に、米国批判、日本擁護の内容となっている。

GHQの中で働いていて、ああ、こんな風に見えたのかあ、など、改めて、面白かった。

当時の米国人は、日本人は生来軍国主義者で、世界征服を目指していたと本気で信じていたという。
米国人である彼女の米国の政策その他に関する批判は強烈で、精神鑑定を受けたほうが、いい、とまで言い切っている。
彼女は日本擁護者として批判され、学者として世に出ることはなかったという。
この本のおかげで、未来を失ったのかもしれない。
1948年に、自分の未来を犠牲にしてまで、ここまで書くというのは、よほど彼女にとっても、日米戦争、日本占領など、強烈な経験だったのだろう。日本のことも、歴史のこともよく勉強している、という印象だ。
そのエネルギーを考えると、彼女のやむにやまれぬ心情を想像できるように思うのだ。

一方で、日本人として読めば、先の世代の方々が、よくぞこの地獄のような時代を生き延びて、現代日本を残してくれたもの、と思う。

日本は、もうこの先、何世代も国家として自立することはなく、貿易も経済も最低レベルで、日本国民は生存だけを許されるだろう、といった予想が書かれている。
日本の復興など、この本が書かれた時には、夢にも考えられなかったようだ。

そして、世界征服を目指す生来の軍国主義者だと信じ込まれていた日本人が、今では、米国の最大の友好の民の1つだと思われている。
まさに、180度の転換。
これはこれで、すごいことだと思う。

日本の凄みは、むしろ敗戦後にこそ発揮されたのかな? 
…そんなことを初めて考えた。

1948年に書かれた本だが、そのテーマに、古さは感じない。
現代米国を考える意味でも、日本の近現代を考える意味でも、一読をお勧めしたい。


関連記事

  1. 2009/09/17(木) 20:53:47|
  2. 歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<< Amazon アソシエイト・プログラム 7月 2009 月間レポート | HOME | Quilts Japan (キルトジャパン) >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newagebooks.blog28.fc2.com/tb.php/112-deafa613
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。