FC2ブログ
私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

刺青・少年 -谷崎潤一郎:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

刺青・少年 -谷崎潤一郎


これもまた、速読の練習で読んでみた。
刺青は、刺青の彫り士の話。年のころ、15-16歳の美少女を眠り薬で眠らせて、その間に、蜘蛛の刺青を彫る。
そしたら、その女の子が、サディスチャンとしての自分の内面に目覚める、という短編小説。

昔なら、これでそれなりに衝撃的だったのかな? 言葉は美しいけれど、設定はかなりいい加減。
彫り士は、5年も彼女を探していたということだけれど、そうすると、「お、いい女」と思ったとき、彼女はわずかに10歳。数え年なら、9歳の子供だ。

いくらなんでも、9歳の子供の足だけを見て、5年間恋焦がれて、出会ったとたんに、眠り薬をかがせて、背中一面に、刺青をして、その子が、感謝して、サディスチャンとして目覚める、というのは・・・

これは、まだ妄想の中だけで、現実との関わりが希薄に思える。つまりは、妄想の初期段階の小説ということか。
谷崎潤一郎という人となり、彼の持った妄想の世界を理解していく、という意味では、ま、短編だし、あっという間に読めるので。



この刺青よりは、まだ「少年」という短編の方が、現実感はあったかな。
これは、子供たちの、ま、いわばSMごっこの話。最後に蛇の話がでてくるけれど、これは谷崎の照れ隠しかな?


関連記事

  1. 2010/07/22(木) 15:25:19|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Amazon アソシエイト・プログラム 5月 | HOME | 金閣寺 -三島由紀夫>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newagebooks.blog28.fc2.com/tb.php/121-2726151d
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。