FC2ブログ
私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

Hiroshima:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

Hiroshima


タイトル;Hiroshima
著者;Ronald Takaki

英語の本。
実は20年ほど?前に読んだ本。本棚を見ていたら、ああこんな本があったなあ、と。
なぜ広島や長崎に原爆が落とされたのか。それを知りたくて読んだもの。面白かった記憶がよみがえった。

連合軍司令官のマッカーサーは、原爆投下の是非について尋ねられることは無かった。それどころかわずか48時間前に原爆投下の予定を知らされたのだと言う。
原爆投下はトルーマン大統領が決定したもの。彼は1945年4月にルーズベルト大統領の死去によって、突然、思いも寄らず大統領になってしまった人物。
「なぜ原爆が投下されたのか」という命題に対して、歴史的背景(特にソ連との関係)、人種的な偏見に加えて、トルーマン大統領の生い立ち、女性的性格(sissy)だったという劣等感、突然大統領になってしまった当惑、スターリンへの対抗意識、強い男でありたいといった心理が分析されており、大変に興味深かった。

アマゾンを見ると、今でも購入可能なようだ。

関連記事

  1. 2018/10/29(月) 12:48:12|
  2. 歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ハディース | HOME | 人種差別から読み解く大東亜戦争>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newagebooks.blog28.fc2.com/tb.php/164-450d675a
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>