FC2ブログ
私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

イスラム教の論理:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

イスラム教の論理


アマゾンの内容紹介では、次のような刺激的な言葉が並ぶ。

「神の啓示の言葉を集めたコーランによれば、異教徒は抹殺すべき対象である。彼らを奴隷化することも間違っていない。ジハードは最高の倫理的振る舞いである。その意味で、カリフ制を宣言し、シャリア(イスラム法)によって統治し、ジハードに邁進する「イスラム国」は、イスラム教の論理で見れば「正しい」のだ──。気鋭のイスラム思想研究者が、コーランを典拠に西側の倫理とはかけ離れた「イスラム教の本当の姿」を描き出す。」

コーランを素直に読めば、別に驚くようなことではない。一方で、本書には批判も大きいだろう。イスラムとはそんな宗教ではない、と。
この辺りの何が原理主義で、何が本当のイスラム教か、といった議論は人それぞれであり、そこにはそれぞれのアプローチがある。どれが正しく間違っているかという、善悪二分類の考え方では、錯覚が生まれてしまう。

本書で書かれている様々な問題、課題。全て解決していくのは容易ではなく、人類はもう少し成長する必要があるだろう。


関連記事

  1. 2018/12/16(日) 13:10:21|
  2. 宗教の本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ワクチン不要論 | HOME | 日本人が知らない! ユダヤの秘密>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newagebooks.blog28.fc2.com/tb.php/167-8544c9dd
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。