私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

神との対話シリーズ:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

神との対話シリーズ


書名 神との対話(シリーズ)
ニール・ドナルド ウォルシュ (著), 吉田 利子 (翻訳)

いわずと知れた大ベストセラー。何冊かシリーズで出ている。
内容的(チャネリングの種類)には、自動書記になるのか。

神と称する存在との対話の記録。
内容的(メッセージ)には、他のチャネリング本と大差ない。
読んだ印象としては、絶対神との対話というよりは、著者の深層心理との対話と感じたのだが・・・

対話形式を取っているため、時に冗長な感じを受けることは否めない。巻が進むにつれ、そんな印象が強くなった。しかし、(どんどん先に進むということがないので)楽には読める。
文化的な背景の違いもまた、興味深い。
タイトルをとっても、キリスト教文化圏で言う「神との対話」は、日本人の受ける印象とはまるで違い、相当に衝撃的なタイトルではないだろうか。

ニューエイジの入門書としても楽しめるし、また、なかなかに鋭いメッセージもあり、お勧め。



関連記事

  1. 2005/11/12(土) 12:41:27|
  2. 精神世界、ニューエイジの本|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<超人ケイシーの秘密 | HOME | 続 気の人間学>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newagebooks.blog28.fc2.com/tb.php/46-921e73dc
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。