FC2ブログ
私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

行動学入門:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

行動学入門


書名 行動学入門
著者 三島由紀夫

三島氏が、壮絶な自決を遂げた直前に刊行されたエッセイ集。
この本は、自決の後、何回か読んだ本。30年以上前の話だ。

ふと気が向いて、また手にしてみた。
当時、思春期だった僕には、何回読んでも、実はあまり意味が分からなかった。
今なら、分かるのかな?
そう思って手にしてみたのだ。

まず三島氏は、行動という言葉で、鉄砲の弾を例にとる。
ここで、昔は混乱してしまった。

そう、今なら、確かに意味が分かる。この言葉自体、暗喩なのだ。
自分もいつのまにか成長したものだ。^^

文章のあちらこちらに、自決へのヒントがある。三島氏の心の中の、灼熱のマグマと、さらには抑制が読み取れる。

彼の心情を想像しながら読むと、興味深く、そして、重い・・・。

関連記事

  1. 2006/12/06(水) 11:04:11|
  2. エッセイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<国家と人種偏見 | HOME | ZEN(禅)>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/01/29(月) 00:25:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newagebooks.blog28.fc2.com/tb.php/62-5d29fe6e
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。