私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

ゴルゴ13:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ゴルゴ13


オーストラリアに移住してから、なかなかゴルゴ13の新作は読めないでいるのだが、それでも、帰国した際には、必ず駅の売店で新作を購入している。
現在、優に140巻を超えて出ているシリーズだが、恐らくは7割ぐらいの作品は読んでいるのではないだろうか。

この劇画には、それぞれ専門の人たちがいて、チームを組んでいると聞いたことがある。国際問題の専門家、武器の専門家、という具合に。

実際、読んでいると、大変に勉強になる。

ゴルゴ13は、全ての善悪・正義といったものとは無縁で、自分の規律だけに従う、という設定なのだが、彼の、正義への不信といったものは、日本の敗戦による挫折と通じるところもあり、興味深い。

ゴルゴ13を読んでいて、ちょっとからかいたくなるのが、時々、出てくる女性との絡みのシーン。たとえ、どれほどの美女を相手にしても、どんな場合でもゴルゴは常に冷静だ。相手を信頼することもない。

しかし、冷静に女性と絡んで、何が面白いのだろう? 信頼できない女性と一緒にいて何が楽しいのだろう?

ま、それはともかく、ゴルゴ13は、第一作目のbig safe作戦(だったかな?)から、楽しませていただいています。

関連記事

  1. 2006/12/16(土) 09:14:38|
  2. 漫画・劇画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<鉄砲を捨てた日本人 | HOME | 葉隠入門>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newagebooks.blog28.fc2.com/tb.php/66-9aed6813
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。