私ども平和の絵本で管理・運営をするオンライン書店です。

東條英機 皇国の殉教者:平和の絵本の本屋さん

TOPへ-平和の絵本の本屋さん

平和の絵本(www.j15.org)で運営する、アフィリエイト制度を利用したオンライン書店です。収益は、平和の絵本の活動資金と致します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

東條英機 皇国の殉教者


書名 別冊宝島1449 東條英機 皇国の殉教者
出版社 株式会社 宝島社

これは終戦後、大悪人とされた東條英機元首相の「人間」に迫ろうという、宝島社の本。
これを読んだときには、ある種の感慨を禁じえなかった。
一昔前には、この手の本が出ることはありえなかっただろう。

善悪中毒という観点から、実は、「悪人」とされてきた人々の人間性に光を当てる、ということは、昔からやりたいと思っていた。その意味で、人間東條英機を描きたいという気持ちも、あった。
とはいえ、こうした本が世に出るようなら、それは僕の仕事ではない。・・・まあ、違った観点から、書いてみたいことは残っているけれど。

さて、この本では、まじめで、メモ魔で、という、東條氏の、人間性が描かれている。
いうまでもなく、東条英機氏は人間であり、決して悪魔ではない。人間を悪魔と錯覚することで、どんな事実から目を塞いだのか?
・・・残念ならがそこまでは書かれていない。

それにしても、ご本人は言うに及ばず、残されたご家族の方々も、極悪人の家族とされてきて、本当に大変だったろうなあ…





関連記事

  1. 2007/12/10(月) 18:30:12|
  2. 歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<中東紛争―その百年の相克 | HOME | 灰色のバスがやってきた>>

コメント

ブットさんの影武者、というのは想像しなかったですね。(^^)
かっさんの想像力、すごいね。

善悪を排除して動機とかを純粋に見ていくと、結構、いろいろな事象がなぜ起こったのか、納得できますよね。善悪に捕らわれていると、専門家ですら、簡単なことが見えなくなって。

ただ、そうして善悪の裏に見えてきたことを表立って言うのは、また大変。そのつもりが無くても、悪の味方だと誤解されちゃうので。

それでも、少しずつ声を出していきたいけれど、無防備にやると、あっという間に潰されちゃいそう。^^; ま、一歩一歩ですね。
  1. 2007/12/31(月) 10:53:33 |
  2. URL |
  3. 東郷 潤 #-
  4. [ 編集]

偉人を作ったり、大悪人を作ったり。。。
妄想的というか、ご都合主義というべきか。。。
まあ、大多数の人達は与えられた情報に従っているだけとも言えますが、でも従うのが好きなんだというのもあるんでしょうね。

私はへそ曲がりだから、例えばプットさんが殺されちゃったという話を聞いても、本当にそうなのか?実は死んだのは影武者なんじゃないか?これによって誰がオトク?とか、すぐ考えちゃいますね。。。
成り行きを見ていれば、大方の想像はついちゃう事が多いと思うもので。

まあこれは自分で納得するだけのお話で、本当はどうかはワカラナイんですけど、いろんなパターンを自分で考えるのは必要なことだと思います。でもその時、善悪に捕らわれすぎてると、知らないうちに自分好みの答えに持って行って、嫌いなヤツは大悪人?にしちゃう危険性にも注意が必要ですけどね。
  1. 2007/12/29(土) 19:08:48 |
  2. URL |
  3. かっさん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newagebooks.blog28.fc2.com/tb.php/74-ef45197f
































































以下、本ブログとは無関係の広告

FC2Ad

〕>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。